水虫症状は薬でメディカル改善|ジュクジュクする嫌な症状とさよなら

医者

治療方法は薬

足

水虫発症の原因について

白癬菌は手や体にも感染しますが、9割近くが足に感染するのです。かつて、水虫と聞くと、中年男性特有の病気というイメージがありましたが、現在では女性の間でも増加しているのです。その理由として、靴を長時間履き続けることによって足が蒸れ、菌の繁殖に最も適した高温多湿環境を作ってしまうからです。近年では、女性の多くが一日中仕事などで靴を履いたまま過ごすことが一般的となり、そのため女性の患者数も増加しているのです。特に女性の場合、ブーツやパンプス、ストッキングを履くことで常に足が蒸れやすい状態になり、白癬菌が増殖しやすい環境を作っているのです。

症状の種類と薬について

水虫の9割が足に発症すると言われていますが、体のあらゆる部分にも症状が現れることがあります。爪に現れるものを爪白癬と呼び、特に市販薬などでは治療が難しい病気とされています。その他、手に現れるものは手白癬と呼ばれ、水虫の症状のある部分を手で触れることで感染すると考えられています。さらに、頭部白癬と呼ばれる頭皮に発症するものもあります。激しい痒みが伴い、地肌に白いかさぶたのようなものができるのが特徴です。このように様々な種類のある水虫には、多くの治療薬も販売されています。ドラッグストアなどで購入できる市販薬も充実していますし、病院で処方してもらえる薬品も数多く揃っています。市販されている薬にはそれぞれの特徴があるため、薬剤師などと相談し、自分の症状に合ったものを選ぶことが肝心です。